大地のめぐみ 空のえき そ・ら・ら 産地直売所 みのり
賃貸空室情報
基金協会型ネットローン JAバンクの年金受取りサービス
販売

2020.12.15

年末商戦に向け、苺の目ぞろい会開く

  • 年末商戦に向け、苺の目ぞろい会開く

   JA新ひたち野苺生産部会(美野里地区)は10日、小美玉市の美野里営農経済センターで目ぞろえ会を開きました。生産者14人のほか、JAの役職員、市場関係者が参加し、需要が高まるクリスマス、年末年始商戦に向け、出荷規格の統一を図りました。今年度は天候不順や病気の発生などで発育が遅れ気味でしたが、生産者の徹底した管理により、品質は良好で順調な出荷を見込んでいます。
 苺生産部会の永木篤部会長は「新型コロナに振り回された一年だったが、いよいよ出荷時期が来た。事務局や市場などと情報を共有し、良質なイチゴを出荷していこう」と部員らに呼びかけていました。
 同部会は生産者16人が2㌶で栽培。作付け品種は「いばらキッス」「とちおとめ」。クリスマス、年末年始にかけて出荷量が増加していき、5月までに販売金額1億円を目指しています。

指導

2020.12.11

栗のせん定講習会開く

  • 栗のせん定講習会開く

   JA新ひたち野は8日、小美玉市小曽納の栗畑で「栗のせん定講習会」を開きました。
 講習会には生産者15人、JA職員らが参加。県中央農林事務所の片平宗行さん、忍垂常雄さんらの指導の元、栗害虫のクウサン対策法や日当たりをよくするせん定のポイントを、実技を交えて伝えていただきました。
 JAの担当者は「農家さんから『講習会を開いてほしい』との要望が多かったので、実現できてよかった。今日の留意ポイントを参考に、最適なせん定につなげてくれれば」と話していました。

全般

2020.12.7

令和3年度 新採職員募集のご案内

     石岡公共職業安定所:求人番号08080-17908、08080-153409

      令和3年度 新採職員募集のご案内










  JA新ひたち野は令和3年度新規採用職員を募集いたします










応募資格:平成7年4月2日以降生まれの者で、大学・短大・専門学校・高校を卒業、又は大学・    
     短大・専門
学校・高校を令和3年3月卒業見込みの者。(長期勤続によるキャリア形成
     を図る観点から年齢制
限を定めています。)

応募期間:令和2年12月23日(水)まで

応募方法:必要書類を本店総務課あて本人持参または郵送してください。

必要書類:受験申込書(JA指定用紙)、履歴書もしくは身上書、成績証明書、卒業(見込)証明
     書、写真2枚(3カ月以内・タテ4㎝×ヨコ3㎝)(受験申込書は下記よりダウンロード)
     ※履歴書もしくは身上書に必ず、本人のメールアドレスを記載してください。記載がな
      いと
WEBテストを受験することができません。
     ※応募書類は一切返却いたしませんので、ご了承ください。

受験票返送:申込受付後、受験番号を付して返送いたします。

選考方法
(1)WEBテスト               (2)面接試験
 ①科目 情報分析基礎力検査・性格検査      ①日時   WEBテスト合格者に追って通
                                知します
 ②日時 令和3年1月18日(月)~31日(日) ②会場   JA新ひたち野本店
  パソコンやスマートフォンなどの端末で上記期間
      内に受験してください。
  試験期間の受験は24時間実施可能です。

給与:178,000円(大学卒、令和1年度実績) 説明会:説明会(職場訪問)希望の方は個別に対
   153,000円(高校卒、令和1年度実績)     応しますので、電話もしくはメールにて                   
                           ご連絡ください。

その他
(1)氏名・住所等の個人情報は、職員採用募集関連において利用いたします。
(2)問い合わせ先
  〒315‐0035  茨城県石岡市南台3-21-14  JA新ひたち野 本店 総務課
  TEL0299‐56‐5800 FAX0299‐56‐5801  E-mailja555.somu@ja-ibaraki.jp

販売

2020.12.4

レンコン 最盛期に向け目ぞろい会

  • レンコン 最盛期に向け目ぞろい会

   JA新ひたち野蓮根部会玉里支部は3日、小美玉市のJA新ひたち野玉里集荷場でレンコンの目ぞろい会を開きました。生産者、JA職員ら約35人が参加し、これからの有利販売に向け出荷規格の統一を図りました。
 目ぞろい会では、全農いばらきの担当者が、市場情勢や他産地情勢を詳しく説明。その後、生産者らはサンプルを手に取り、太り具合、品質などを確認し、互いに話し合いながら規格の統一を図りました。
 同部会は生産者51人が120㌶で栽培。年末年始の最盛期向け、出荷量が増加していきます。

全般

2020.12.2

JA新ひたち野 広報誌 第35号をアップしました。

  • JA新ひたち野 広報誌 第35号をアップしました。

JA新ひたち野では、役に立つ地域の情報を
皆様にお届けするために、
広報誌を発行しております。

広報誌はこちらから

  • 前の5件へ
  • 次の5件へ
ページの先頭へ戻る