大地のめぐみ 空のえき そ・ら・ら 産地直売所 みのり
賃貸空室情報
基金協会型ネットローン JAバンクの年金受取りサービス
全般

2021.5.28

職員の仕事と家庭の両立等に関する行動計画

次世代育成支援対策にかかる
職員の仕事と家庭の両立等に関する行動計画


 職員が仕事と家庭を両立させることができ、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。


1.計画期間   令和3年4月1日~令和5年3月31日までの2年間
2.内容
   目標1:令和5年3月までに所定外労働を削減するため、ノー残業デーを設定、実施する。
 <対策>
  〇令和3年11月~ 職員へのアンケート開始
  〇令和4年 5月~ 部署ごとに実施可能日や問題点の検討
  〇令和4年 9月~ ノー残業デーの実施

全般

2021.5.26

JA新ひたち野 広報誌 第38号をアップしました。

  • JA新ひたち野 広報誌 第38号をアップしました。

JA新ひたち野では、役に立つ地域の情報を
皆様にお届けするために、
広報誌を発行しております。

広報誌はこちらから

くらしの活動事業

2021.5.19

小学校に野菜苗を寄贈

  • 小学校に野菜苗を寄贈

   JA新ひたち野は5月17日、小美玉市の玉里学園義務教育学校に夏野菜(トマト、ピーマン、ナス)の苗を寄贈しました。食と農の大切さを伝えようと、JA共済の地域貢献活動の一環として行いました。
 苗植えは2年生児童64人で実施され、子どもたちは大喜びで苗植えを楽しんでいました。同校の吉永成範校長は「JAさんには、食育活動の場を提供してもらって感謝しています。子どもたちと一緒に大切に育てていきます」と話していました。

全般

2021.5.12

令和4年度 新採職員募集のご案内

令和4年度 新採職員募集のご案内


JA新ひたち野は令和4年度新規採用職員を募集いたします


応募資格:平成8年4月2日以降生まれの者で、大学・短大・専門学校・高校をすでに卒業、又は大学・短大・
     専門学校を令和4年3月卒業見込みの者。(長期勤続によるキャリア形成を図る観点から年齢制限を
     定めています。)


応募期間:令和3年9月3日(金)まで


応募方法:必要書類を本店総務課あて本人持参または郵送してください。


必要書類:受験申込書(JA指定用紙)、履歴書もしくは身上書、成績証明書、卒業(見込)証明書、写真2枚
     (3カ月以内・タテ4㎝×ヨコ3㎝)(受験申込書は当ホームページよりダウンロード)
         ※履歴書もしくは身上書に必ず、本人のメールアドレスを記載してください。記載がないとWEBテス
    トを受験することができません。
         ※応募書類は一切返却いたしませんので、ご了承ください。
         ★当JAホームページ http://www.shin-hitachino.com/

受験票返送:申込受付後、受験番号を付して返送いたします。

選考方法
(1)WEBテスト                      
   ①科目 情報分析基礎力検査・性格検査   
   ②日時 令和3年9月16日(木)~21日(火)
      パソコンやスマートフォンなどの端末で上記期間内に受験してください。
      試験期間の受験は24時間実施可能です。
  
(2)面接試験
    ①日時 WEBテスト合格者に追って通知します
    ②会場 JA新ひたち野本店

給  与:178,000円(大学卒、令和2年度実績)
           153,000円(高校卒、令和2年度実績)
説明会:説明会(職場訪問)希望の方は個別に対応しますので、電話もしくはメールにてご連絡ください。


その他
(1)氏名・住所等の個人情報は、職員採用募集関連において利用いたします。
(2)問い合わせ先
  〒315‐0035  茨城県石岡市南台3-21-14  JA新ひたち野 本店 総務課
  TEL0299‐56‐5800 FAX0299‐56‐5801 E-mailja555.somu@ja-ibaraki.jp
(3)求人管轄安定所:石岡公共職業安定所   求人番号:08080-1408111、08080-21318

販売

2021.4.30

玉里地区レンコン 銘柄産地更新

  • 玉里地区レンコン 銘柄産地更新

茨城県銘柄産地交付式が4月26日、水戸市の県央農林事務所で行われ、JA新ひたち野の特産物「玉里地区のレンコン」が10回目の銘柄産地指定を受けました。
 交付式には島田穣一・小美玉市長、同JAの富田修一組合長、西村哲也・蓮根部会玉里支部部会長らが出席。島田市長は「産地が一丸となって安全性を確保し、高品質なレンコンを出荷し続けてきた結果だと思う。これからも関係機関と協力して、農産物のブランド化を進めていきたい」と話し、西村部会長は「安心安全な供給を心がけ、取扱高を伸ばしていきたい」とさらなる発展に期待を込めていました。

  • 前の5件へ
  • 次の5件へ
ページの先頭へ戻る